man in black jacket and gray pants standing on street during daytime

メリハリとタラレバ

1週間のどこかに

狙いを定めてメリハリをつける。

 

コレが私のやり方で、

昔は毎週水曜日にどうやって売上を作るのか、

それを考えていました。

 

それも最近は週末。

 

このメリハリを付けなければ

常にタラレバになっってしまうからなのです。

 

 

週末に1週間のピークを持って来るとすれば、

金曜日までには準備を整えるということ。

 

そして売れる時は流れのまま。

 

流れのままというのは

何もしないというわけではなく、

注力するのは別の作業。

 

例えば、仕入れや出品作業に注力するだけ。

 

簡単なことを言えば、

やるだけやって

後は身を任せるという感じなのです。

 

 

それが7月に関して言えば、

曜日合わせがいいようで、

明日からの週末と来週と

これから2回も週末が来るのです。

 

数字だけ見ると

来週の方がちょっと弱いかな~。

 

いずれにせよ、

7月の山場がやって来るという感じなのです。

 

 

このメリハリをつけるだけで

タラレバは限りなく少なくなる。

 

神様に祈るような転売ビジネスではなくなるのです。

 

 

重要なのは、

力の入れどころと抜きどころ。

 

何もかも全力でブチ当たろうとするのは

悪くはないけどスグに疲れる。

 

当然、続かないので休みたくなる。

一度休んでしまえば、

翌日も休みたくなる。

 

昨日も休んでしまったから

今日休んでも差し支えないだろうと

考えてしまうのです。

 

だから継続する、

やり続ける為には、

力の出し入れも大切で、

 

自分でコントロールしないと

いつでも崩壊してしまうのです。

 

そしてメリハリをつけると

相乗効果で

追われる仕事から、追う仕事に変わる。

 

アレもやらなきゃイカン。

コレもやらなきゃイカン。

 

と考えているだけでは

いつでも仕事に追われることになる。

 

人間追われてしまえば

楽しくもなくなるし

面白くもない。

 

それがメリハリを予めつけるってだけで、

スケジュール管理、タスク管理も出来るようになって

仕事を“追う”ことも出来るのです。

 

 

アレもやらなきゃイカン。

コレもやらなきゃイカン。

と仕事に追われている方は、

一度紙に書き出してみるといい。

 

意外に自分のタスクは限られていて

それをカレンダーにでも落とし込んでみれば

意外に少ないものなのです。

 

ただ、追われる人って

忙しい、忙しいといいながら

それすらやらない。

 

そして、タラレバ。

 

結局、いつまで経っても

追わるだけだから、

売り時も逃してしまうのです。

 

人間の脳の中って

凄そうに見えても単純で、

自分でやらなくても出来ると思っていても

出来ないことが多い。

 

時には頭の中の整理、

脳ミソのデフラグをした方がいいのです。

 

パソコンの処理スピードだって

変わるでしょ。

 

オジサンは古いパソコンと一緒だから

時々、高速化をする必要があるのです。

 

その為にも

メリハリをつけること。

 

特に、この7月は

今週末と来週末売れますから、

自分が出品している商品のチェックを行って

明日、明後日に備えてください。

 

そのひと手間が

売上に繋がります。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。