man on thinking pose

一人で考えていても、わからないだろうな~

昨夜のグルコンは

4時間ぶっ通し。

 

参加人数も18人でしたし、

この7月の末から8月に掛けて、

目まぐるしく注意すべき点が変わる。

 

数か月ぶりに参加される方も見えるから

売れたもの出品している商品をチェックし、

私のメモも4ページに渡っていたのです。

 

だいたい4~5人で1時間。

 

10人で2時間が

いつものペースですから、

人数が増えたのですから長くて当然。

 

それを長いと感じるだけなのか、

得る所があると考えて頂けるのかは

参加者次第なのです。

 

ただ自分は妥協せず、

伝えることは伝える。

 

考えてもらうべきところは

考えて頂く。

 

これからも毎週行って参ります。

 

 

さて、そんな中、

今回お伝えする事例は、

兵庫のOさん。

 

6月に始めて月収10万円を突破し、

今月も15万円を超えた。

 

決して悪くはないし、

進んでいないわけでもない。

 

一人でコツコツと仕入れをし、

稼ぐ額も積み上げているのです。

 

ただ、実際には

“根性論”を地で行っている。

 

これはコレで悪くは無いのですが、

本人は釈然とはしていなかった模様。

 

報告から感じるのは、

「もっと伸びてもいいはずなのに・・・」

ということ。

 

たぶん自分の努力と数字が結びついていないと

感じていると私は受取りました。

 

 

グルコン前の私のメモには、

2つの課題。

 

・目標と課題が不明確

だからやることがブレる。

・情報収集の不足

参考事例、成功事例を自分に置き換えて考えられていない。

 

とあり、その他細かな修正点のメモ数か所。

 

今回は、メモからの話です。

 

 

まずは目標と課題が不明確という点。

 

先月10万の利益を出したのですから、

今月は20万の利益。

 

これは頭にあったはず。

 

だから目標はあるじゃないか!と

思われる方も多いと思います。

 

だけど、問題なのは

その20万をどうやって超えるのか?

 

ココが不明確なのです。

 

だから、根性論で

「頑張って超えるしかない!」と

結論付けてしまわれているのです。

 

これ初心者の方が

10万を頑張って上げて、

その後続かないのと一緒。

 

「10万超えたのだから

次も頑張る。」と考えがちなのです。

 

で、頑張られるのですが、

思う様に伸びない。

 

頑張っても伸びない。

 

20万の壁を乗り越えられない。

 

 

簡単な話です。

1日24時間はどんな方にも平等。

 

10万を超える時も

誰でも頑張られたはず。

 

それを2倍の時間を掛けることなんて

無理なことなのです。

 

では、Oさんの場合、

どんなことが課題なのか?

 

本人にヒアリングしたところ、

「わからない・・・」

 

正直者ですから正直に答えられたのです。

 

つまり20万超える為に

自分の課題がわからない。

 

だから頑張るしかない。と

一人で悶々とされていただけなのです。

 

 

課題は明確。

 

単価です。

 

低単価の商品を扱ってきて、

それで10万の利益を積み上げて来た。

 

だから単品益も低い。

 

それでも稼ぎたい額は倍なので、

当然仕入れる数、売る数も倍となる。

 

それを頑張りだけで超えようとされたのですが、

当然のことながら限界がある。

 

しかしながら先月10万超えて

今月も15万は超えて来たから我武者羅に行っているのです。

 

 

これは10万をどうやって超えて来たのかが

自分の中で落とし込めていない。

 

単純に「頑張ったから」となっていたのですが

本来、最初に10万を超える時は

誰でも同じ。

 

月の最初のうちは

マイナスがあったりプラスがあったり

数は売れているけど利益が伸びない。

 

それが徐々にマイナスが減り

プラスで加算されるようになる。

 

それで50件販売するうちに

10万を超えたということ。

 

そのままプラスの加算が

今月も続いているので、

先月よりも実績が伸びているのです。

 

 

ただ、それも限界があって、

それが今の状態。

 

今度は“量”ではなく“質”を高めなきゃ行けないのに、

“量”で攻めようとしているのです。

 

 

だから次は、単価を上げ単品益を上げる。

 

同じ数を売りながらも

売上額を上げ、利益額を上げることが課題なのです。

 

 

しかしながら、

一人で行っているとマイナス面ばかりを考えてしまいます。

 

 

まず、単価を上げると資金面のマイナス不安。

 

それに、まだマイナスになった商品の経験が頭に残っているから、

もし上手く売れなかったら

赤字の額が増えるのではないとか不安ばかりが先行する。

 

結局、殻から抜け出せないのです。

 

 

この不安を乗り越えてきた方なら

単価が高くても一緒だと言い切れます。

 

相場の読み方も同じだし、

売れ方も単価が高くても低くても同じです。

 

だけど不安が先行しているから

この成功体験を積むことが出来ない。

つまり前に進ませることが出来ていないのです。

 

 

その為、実際CTCには

毎週グルコンを行いながら、

少しだけ先行く先輩方々の生の声が聞けるようになっています。

 

だけど、折角行っているグルコンに参加しなきゃ

聞くことも出来ません。

 

だから攻略法のヒントも得られないのです。

 

 

もちろんグルチャにも

ヒントは沢山投稿されています。

 

だけど、そもそもが

「わからない」と不安が先行。

 

自分で情報をシャットアウトしているから

いくら投稿があっても頭に入って来ないのです。

 

 

例えば、単価を上げることでも

諸先輩方々は仕入れ先も仕入金額も

販売した価格もすべて投稿されています。

 

だから少しでも意識を傾けて読み込めば、

どんな商品が売れるのか、

どんなことに注意して仕入れればいいのかが

わかるはずです。

 

たぶん本人もわかっているけど

出来ない状況が続いていた。

 

これが二つ目の「情報収集の不足」ということ。

 

感情と思考が閉じてしまっていたのでしょうね。

 

 

以上、Oさんへのメモ。

 

・目標と課題が不明確

・情報収集の不足

 

ということなのです。

 

 

重要なのは課題を知ることだけではありません。

ダメだったことをどうしてダメだったのかも知る事。

 

人は単純な動物で

ダメだったことって繰り返すのです。

 

だから課題が明確になったとしても

同じようなことを繰り返す。

 

過度に不安になったり、

シャットアウト状態。

情報収集している様でしていなかったり。

 

 

だから、自分はこうなる傾向にあるってことも

知らなきゃならない。

 

知っておけば

自分が陥った時にも気づきやすい。

 

だから自己修正が効くのです。

 

ほとんどの方は

わかっちゃいるけど出来ていない。

 

と言いながら、

本当はわかってもいない。

 

だから壁も乗り越えられない。

 

今の時代、

なかなか一人で稼ぎ続けるのは

難しいものです。

 

自分と向き合うこと。

 

時には大事です。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。