他人の手のひらを変えるのは難しい。

あなたに隠していたことがあるのです。

 

この3日間、

外出するのも困難だった。

 

左頬が腫れてしまって、

シップをしていた位。

 

外から見てわかるぐらいであると

口の中にも腫れはあって、

口内炎が多発していたのです。

 

だから家の中では、

シップをして、

外出時は外す。

 

そんな生活。

 

しゃべるのも実は困難で、

結局、動画も昨日まで撮影も出来ませんでした。

 

おかげさまで腫れは引いたのですが、

見た目はあまり変わらない所が、

泣きどころです。

 

えぇ、本当に腫れていたのですよ。

 

 

さて、自分は変わったつもりなのですが、

その変化をわかってもらうのは難しい。

 

同じ様に人の心を動かすのは

もっと難しいってこと。

このお話です。

 

 

実際、カメラ転売に限らず、

どんな転売ビジネスでも、

 

転売ビジネスじゃなくても

どんなビジネスでも・・・、

『行動』しなければ、稼げません。

 

当たり前ですよね、

やらなきゃ稼げない。

 

だけど、実際に『行動』するのは、

私ではなく、その人自身。

 

自分の右手は

グーでもパーでもスグに変えられるのに、

相手の右手は、

なかなか思う様には動かないのです。

 

そして、その行動をするのもしないのも

最終的に決めるのは、

本人次第。

 

当たり前のことなのですが、

なかなか難しい所なのです。

 

カメラ転売という転売ビジネスも

行動しなきゃ1円も稼げません。

 

自ら動かずして

稼げるとでも思っているのか、

動かない事に自分の信念があるのか、

 

私にはわかりませんが・・・テコでも動かない。

 

呪文を唱えると魔法の様に

稼げるのであれば

それでもいいのですが、

そんな魔法なんて私は知らないのです。

 

だから『行動』してもらわなきゃならない。

 

でも頑なに、

動こうとしない人もいる様なのです。

 

 

小学生の頃に親に

「勉強しなさい」と言われて、

「今からやろうと思っていたのに、

言われたからやらない」

「やる気がなくなった」とでも

大人になって言うのでしょうかね?

 

そう言えば、うちの子供たちと

家内との会話も同じことが

繰り返されていましたっけ。

 

「やろうと思ったのに~」と

机で泣いてみたり。。。

 

「お父さんも良く言ったなぁ」と

茶化してはいたのですが、

 

これも小学生だから言われるだけで、

中学生や高校生になると

親ですら言わなくなります。

 

言われなくても出来るようになればいいのですが、

あきらめられてしまわれることも多い。

(うちの子供の場合はコチラでしたね。)

 

結局、学校に行って叱られたのか、

恥ずかしい思いをしたのか、

なんとか自分でやるようにはなったみたいです。

 

 

そんな子供のうちであれば、

叱られる、恥ずかしい思いをする。

 

それだけで済むのですが、

これが大人になると、

それだけじゃ済まない。

 

ほぼ最終的には

お金に絡むことが多くて、

気づいた時の“後悔”は

計り知れないのです。

 

そんな私にも後悔があって・・・・

それは「カメラ転売」を始める前。

 

本当にお金も底を尽き、

もう今月で終るって時。

 

それでも自分で踏ん切りがつかず、

悩んでいたのです。

 

結局、収入は一旦途絶え、

それでも生活はしなきゃならないし、

サラ金に借りるシマツ。

 

スクール代も仕入れ資金も

本当にヤバくなっていました。

 

それでも反省の少ない私は、

「慎重に選ばないと」

「失敗したくない」

「石橋を叩いて渡らないと・・」と

言い訳をしまくっていた。

 

結局その時期に借りたのは

総額100万。

 

親子6人、3ヶ月ぐらいですから、

節約してもそれぐらいは必要ですよね。

 

これは今でも私の反省点ですし、

この頃にモヤシや

10円安いキャベツを探していた。

 

それぐらいの貧乏生活。

 

だから『行動』しなかった

私の大きな失敗なのです。

 

 

結局、悩んでいるといいながら

『行動』しなかっただけ。

 

家族にも迷惑を掛けたし、

高校生だった長男をはじめとして

いろんな方に迷惑を掛けてしまった。

 

だから、こんな事を

体験してもらいたくないのです。

 

実際に、

「悩んでいる」

「考えている」

そう言えば聞こえはいいのですが、

結局は『行動』していなかっただけなのは明白。

 

簡単に言えば、

『行動』するのが面倒くさいと

思っていただけなのです。

 

 

今も、

「言われるのが嫌だ!」

「言われたから嫌だ!」

そう子供じみた考えの方はいるはずです。

 

だけど、言われなかったら、

本当にあなたはやるのか!

 

『行動』しないから

言われるだけじゃないですか?

 

と、私は言いたいのです。

 

結局、苦しむのは私ではなく

『行動』しない自分。

 

正直、言われたこともあります。

 

「そんな「やる気」がない方を

相手にしない方がいい。」

 

それもある意味正解だと思います。

 

だけど、やらない、行動しない選択をして

結局後悔をする方を見たくはないのです。

 

そんな行動しない選択をしたのは、

もちろんあなた!

 

だけど、あなた以上に

悲しんでいるのは

その家族です。

 

子供は言いませんでした。

本当は、

「もっと、お父さん働けよ」

そう言いたかったと思います。

 

それぐらい迷惑を掛けた。

 

もしかしたら、うちの家内が

口止めをしていたのかもしれません。

 

だけど、生活は困窮したのは事実ですし、

子供に欲しいモノも買ってあげられなかった。

 

同時に親にも同じ思いをさせた。

たぶん、こんな情けない子供を持って

親は恥ずかしかったでしょうし、

家内の両親にも顔向けできなかったと思う。

 

結婚していようがしていまいが、

悲しむ家族はいるのです。

 

いるはずなのです。

 

それが、行動しない、

やらないとしてしまったことが

原因だとしたら・・・・

 

私は神は見ていると思っていて、

怠ける人も見られていると思います。

 

でも、逆にやった人

頑張った人には『神』も

優しく微笑んでくれると思っています。

 

確かに、人の心も行動も

他人が動かすのは難しい。

 

だから動き出すのは

あなた自身であることに間違いはありません。

 

もう一度勇気を持って

立ち上がってください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

 

 ↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP