person holding silver and black camera

価格の設定について!

「来なさい!」と言われるから

病院へ行ったのに、

今度は、

「血液検査の結果が出ました。」と

また、病名と薬が増えた。

 

 

まぁ先生が言われることも

守れていない。

 

3食きちっと食べなさい。
→ほぼ1日1食

ドカ食いは止めなさい。
→ほぼドカ喰い。

アルコールは控えなさい。
→値上げ前に買ったビールの消化に勤しむ。

塩分控えなさい。
→当然控えることはなく

糖分控えなさい。
→はいはい。

 

そんな2週間だったのがバレバレ。

 

今週も朝の3時、

吐くまで呑んでいたし・・・。

 

言われることも

ごもっとも。

 

看護婦さんは昨日も辛口で、

「コロッと死ねればいいんだけど、

今のままでは、そうならなりませんよ。」と

最高の脅し文句を頂いた。

 

そう言えば、飲み会後の

エリートサラリーマンのIさんからは

腰痛のストレッチの紹介があったし、

1000万越えの30代Mさんからは、

「相変わらずですが、大丈夫ですか?」と

言われた。

 

 

くっそ、勝手に爺い扱いしやがって!

 

 

ま不摂生で生きているようなものですが、

とりあえず2週間、

仙人のような生活をしてみようと

思っています。

 

3日、持つかな~?笑

 

 

さて、先週から3回に渡って

仕入れの記事を投稿しました。

 

覚えていますか?

 

【相場検索でよく見かける3つのミスとは?】

【スピード、執着、全件検索】 コレで出来る仕入れリサーチとは?

仕入れ最後のコツ、全件検索について!

 

まだ仕入れが出来ていない人は、

特に、

【相場検索でよく見かける3つのミスとは?】を

読んでみてください。

 

3つのうち、

どれかに当てはまります。

 

 

ということで、

今日の話は価格設定。

 

仕入れた商品の値付け。

 

 

個人で行っている方は

仕入れた段階で、

ほぼ相場価格も読まれていると思います。

 

でなければ仕入れませんよね?

 

外注さんを使っている方であれば、

仕入れ価格自体が

相場よりも下のはず。

 

 

ですから、

個人、お一人で行っている方も、

外注さんを使われている方も、

その商品がいくらぐらいで売れるのかは

大体予想していられるはずなのです。

 

で、ココからです。

 

まず、初心者の方は

相場価格を基本として売ってみてください。

 

つまり値付け。

 

例えば、ヤフオクの場合、

15000円ぐらいが相場価格とすれば、

14,800円スタートの

16,800円の即決価格。

 

オークションの期間は1日、

自動再延長が3回。

 

これが基本です。

 

メルカリでは送料込みで

価格設定される場合が多いですから、

基本的にはヤフオクよりも少し高めに設定。

 

こういった方が多いと思います。

 

これはこれでOKです。

 

 

ただ、このステージは

早急にクリアしてください。

 

取引量を増やし、

評価や出品数、

この2つは増やしておく。

 

で、次のステージです。

 

 

少し高めの価格設定に

挑戦してください。

 

少し高めの価格設定とは、

8や竹。

 

基本的には相場価格が価格設定の基準ですが、

それでは思うように動けません。

 

だから、8か竹。

 

 

まず、相場価格とは

その価格で取引されているケースが多い。

 

だから売りやすいというのは

わかりますよね?

 

この価格を読み取ったら、

今度は、そこを基準として

上の価格を見て行きます。

 

当然のことながら、

相場価格よりも高い価格で

取引されていることもあるはずです。

 

そこを見る。

 

 

相場価格を偏差値のように考えるのです。

 

私の場合は

相場価格を5もしくは梅と考える。

 

そこから、一番高い価格で売れていたのを

10もしくは松と考えるのです。

 

その5と10との間。

梅と松の間。

 

大体、中間点が

私の値付けポイント。

 

だから8か

松竹梅でいうところの

竹ということになるのです。

 

先程の15000円ぐらいの商品を例に出せば、

だいたい、18000円ぐらいの高値取引もあるはず。

 

だから16000~17000円の間ぐらい。

即決価格は、そこから1000~2000円アップ。

 

日本人は平均や中間が好きな民族です。

 

安くすれば売れると思っているのは

大間違いで、

お客様の心理からすれば、

「安かろう悪かろう。」が

頭に浮かびます。

 

逆に高ければいいのかと言えば、

それは自分には分不相応と考える。

 

だから、少し下げる。

出品している商品の価格帯から考えれば、

2番手3番手ぐらい。

 

イメージとしては

トップグループにはいるけど、

トップじゃない価格。

 

ココの微妙なポイント。

 

初心者の方には、

この見極めは難しいので

経験値を積んでからにしてください。

 

しかし、この販売価格設定で

売れ始めると

まず自分に自信が持てます。

 

ある程度高い価格で売れると

やっぱり自信が持てる。

 

 

次に、仕入れの幅がグンと増える。

 

単純に仕入れ価格にも余裕が出来ますから

仕入れる数も変わります。

 

そしてこの価格帯がいいのは、

その後の対応も変えられる。

 

ある程度の値下げにも対応が出来るのです。

 

 

私の利益率がいいのも

この価格設定のおかげ。

 

価格を高くすると売れなくなるのでは?と

考えがちですが、

これぐらいではあまり関係がありません。

 

ただし、相場価格を捉える時に、

商品を間違えていたり

状態が違う商品と比べていたり、

基本的なことが出来ていなければ、

この価格設定も現実味はありません。

 

初心者の方は、

まずは基本的なことが出来る様にして

次のステップとして捉えてください。

 

ご参考に!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。