俺は商品を知らない。だから稼げるんだ!

毎度のことながら

昨夜も大変お騒がせ致しました。

 

まぁもの凄い勢いで

埋まって行きましたので、

私も驚いております。

 

参加登録された方は、

まずはグループチャットに参加をして、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自己紹介だけは済ませておいてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

来週1週間、苦楽を共にする仲間です。

 

折角の機会ですから

大いに語り合いましょう!

 

 

そして、チャットワークやZoom。

 

それにヤフオクやオークファンに

慣れていない方は、

今週中に調べて慣れておいてください。

 

使い倒します!

 

 

さて、『売れる商品の見つけ方』WORKSHOPを

募集しているのに、

先日のグルコンで私、豪語しました。

 

「俺は商品を知らない。だから稼げるんだ!」

 

 

多分、稼いでいる方は

商品のことをナンでもカンでも

良く知っていて

相場も頭の中に入っている。

 

そう思う方も多いでしょう。

 

 

まぁ、そんな方も見えます。

 

だけど、私の周りには、

稼いでいる方ほど、

「商品を知らない」ことを

“売り”にされているのです。

 

例えば、古屋さんなんて

その典型でした。

 

必要なことは知っていても

「それ、知らないです。」と言われることは多い。

 

実際にデジタル系に関しては

弱かった覚えがあります。

 

その他にもミリオンセラーの方々も

商品を知らない方が多い。

 

相場が頭に入っている商品なんて

ごくわずかなのです。

 

それでも月に数百件の販売件数。

 

商品を知らない人ほど、

売っているのです。

 

 

そんな方がいる中で

私の場合です。

 

 

初心者の頃から私はミスばかりでした。

 

例えば、良く言われたのが

「自分が売った商品は覚えて置く。」

 

次に仕入れる時にも

有利ですし、

一度売れた商品は

同じように売れていくのが

カメラ転売のパターン。

 

だから言われるのは

良くわかりました。

 

ただ自分の場合は、

相場を覚えようとすればするほど

仕入れが出来ない。

 

知った商品を仕入れようとすればするほど

仕入れられない。

 

そんな状況でした。

 

 

また私のミスの一例としては

知っている商品ほど調べない。

 

しっかり商品説明を読まないまま、

価格だけを見て仕入れてしまう為、

故障品、JUNK品をよく掴まされていたのです。

 

だから私、

商品を覚えるのを止めました!

 

それよりも“調べる”クセを付けて、

思い込みを排除する。

 

そんな方向へシフトしたのです。

 

 

それが良かったのは

シッタカが無くなったこと。

 

 

このカメラファンの世界は

商品知識が話題の一つです。

 

ですからカメラファンが集まると

知識を披露しあう。(ごめんなさい。)

 

誰かが、豆知識を披露すると

「俺は、こんなことを知っている」と

応戦が始まるのです。

 

 

ファン同士ですから

それが楽しいのだと思います。

 

だけど、そんな応戦を

客観的に見ていると

後発で始めた私はとてもついて行けない。

 

ファンの前では

シッタカも明らかにわかってしまうのです。

 

だから私は商品のことを知ることよりも

調べることを選んだのです。

 

 

商品を覚えなくても、

その場その場で調べる。

 

相場検索も

その場その場で調べる。

 

それを意識し始めると

肩の荷が下りて楽になりました。

 

だって覚えなくてもいいのです。

勉強しなくてもいいのです。

 

その分、私は

仕入れ方や売り方に目を向けるようになったのです。

 

だから稼げるようになったという

単純明快なわけなのです。

 

 

そしてカメラ転売で稼いでいる方も

客観的に見たのです。

 

 

そもそも初心者の方や

カメラ転売をされている方でも

一生懸命に商品を覚えようとされる方は多く、

カメラ転売ヤーの間でも

商品の知識を言い合う方も見えます。

 

だけど、そんな方を見てください。

 

月数十万程度です。

 

ミリオンセラーの方々と

話をしていても

商品の話はほぼ出ません。

 

 

実際、そこで差が出たのは、

商品ばかりに目が行っている人は、

知っているけど稼げていない。

 

そんな現状。

 

 

それよりも、売り方の話や

売る場所の話。

 

傾向や対策の情報交換。

 

そんなことがミリオンセラーの間では多いのです。

 

だったら私も

そんな会話に加われるようにした方がいい。

 

自分が知らないことは

素直に人に聞いた方がいいし、

自分で調べられるようにした方がいい。

 

そもそも私はカメラの知識を増やすために

カメラ転売を始めたのではなく、

カメラ転売で稼ぎたかったら始めたのです。

 

趣味にする必要もないのです。

 

だから売り手にシフトだけなのです。

 

それが良かったのは

ツブシが利いたこと。

 

商材をカメラレンズに拘らなくても

他の転売ビジネスでも成果は出たのです。

 

 

とはいえ、カメラ転売の面白い所は

カメラやレンズを扱っていると

その動きやスペックなんかが気になってくる。

 

商品を手に取ってしまうと

その質感やヘリコイドの動き、

シャッター音等々に

なんとなく興味が湧いて来るのです。

 

 

でも、それも覚えようと思って

覚えたことではなく

カメラ転売をしているうちに

自然に覚えた様なもの。

 

カメラやレンズは商品だ!と言いながらでも

手に取って見ると

なかなか面白いのです。

 

 

だからと言ってカメラ転売も

知識全くの0でもいいってことはありません。

 

自分が興味が出てきた分、

お客様の期待も裏切りたくないのです。

 

だから最低限の知識は必要で、

そこから先はやりながら覚えればいいって話。

 

です。

 

それよりもカメラ転売の場合は

覚えなきゃ行けないことも

学ばなきゃ行けないこともあります。

 

この優先順位を間違えてしまえば、

後から始めた人に

抜かされてしまうだけ。

 

 

商品知識は確かに必要ですが

最初は最低限でいい。

 

それよりも調べるクセを付け、

コツコツと仕入れリサーチが出来るようになった方が

稼げられるようになります。

 

実体験ですから

ホントの話です。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

今現在、残席は1つはあるはずです。

 

2022年8月

『売れる商品の見つけ方』WORKSHOPに

コレから参加しようとされる方は、

ダメ元で申し込んでみてください。

 

ただ満席の場合は、

参加登録は出来ませんので

悪しからず。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2022年8月

『売れる商品の見つけ方』WORKSHOP!

【限定10名様のみ!】

 

https://truscon.net/202208

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。