person holding it's head

個人的に「しょっぱいな」と 思う人

個人的に「しょっぱいな」と

思う人はやぱりいて、

ケチケチしている人って

私は受け付けない。

 

だいたいリーダーであるのに対し

ケチケチしている人は問題外。

 

 

これはサラリーマン時代も言われていました。

 

特に上場企業の時には顕著。

ケチ=ダメな人

という風潮はありましたね。

 

 

ただ、勘違いして欲しくないのは

ケチ≠倹約、節約

であるということ。

 

倹約家でも節約家でも

ケチではないということなのです。

 

もちろん

奢りたがりの浪費家がいいってことでもない。

 

ただ基本的に

奢りたがりの方には浪費家は多くても

ケチは少ないと思いますが・・・。笑

 

 

それに今日の話はお金の話だけではありません。

 

ちょっとノウハウを知っている

情報を知っている。

 

それをケチケチしている人。

 

これダメダメ。

 

そもそも自分だけとか

個人的に教えるって考える人に

ブレイクされ方ご存知ですか?

 

そりゃそうです。

それでブレイクした人もいないのです。

 

 

だいたい多いのが、

数十万稼いだだけで先生気取り。

 

スクールにしろ

コンサルにしろ

2期目はなかったりする。

 

自分は、こんなことを知っているぞ!

どうだ、凄いだろ!!

 

ってショッパ過ぎる。

 

こんな人に多いのです。

 

 

多分、私の読者様だって

私だけのブログメルマガを読んでいるだけじゃないはずで

他の方の記事も読んでいたりしますよね?

 

でも実際、そんな方もいますよね?

 

それが正解と思っているショッパイ方々が

それをまた真似をする。

 

 

「知っているけど、ココでは言わない。」

 

馬鹿らしい!

 

それは自分が虚勢を張っていることだけなのに

気づいて欲しいのです。

 

 

先々月だったか、

WORKSHOP中に言われましたよ。

 

「やまとさんって、全部言っていますよね。」

「言わないフリして、過去のブログを読んだり

『カメラ転売大辞典2.0』を読んだりすると全部出て来る。」

 

ええ、基本、“全出し”なのです。

 

隠している時は

他の記事を読んで欲しい、探して欲しいということ。

 

ちょっと調べれば

スグ出て来る。

 

その“ちょっと”を行って欲しいだけなのです。

 

 

というのも

自分“だけ”が知っていると思っていることでも

ほぼ検索して調べていれば出て来ます。

 

自分が知っている情報やノウハウなんて

そんなモン。

 

自分だけが・・・と思っていても

ほぼ、自分だけでは無いのです。

 

しかも、それで稼いでいる人、

稼ぎ続けている人は皆無。

 

 

極論を言えば

「秘密のノウハウは1週間後には公開されている。」

というぐらい。

 

 

だからノウハウも情報も

ケチケチしていてもしょうがないのです。

 

それすら知らない

一部の数十万セラーの方々は

隠すこと、知っている自慢に一生懸命!

 

自分の実績が物語っていることを

知って欲しいのです。

 

 

もっと周りを見てください。

 

毎月継続して月収100万以上を

超えている方々を!

 

 

そんな細かことで

継続して稼いでいるわけではないのです。

 

大きく、しかも継続して稼いでいる方は

ドーンと構え、もっとシンプルに基本的なことで

稼ぎ続けているのです。

 

小さい事、小手先のテクニックでは無いのです。

 

 

だから、誰でも聞いてしまえば、

“当たり前”のこと。

 

その“当たり前”のことを

昇華し、時に大きくしているだけなのです。

 

 

でも一部の数十万の方々は

自分が稼ぐことだけに特化。

 

自分の生徒さんですら

稼いでもらうことよりも

お金になるとしか考えていないのです。

 

というか

そう見えてしまう。

 

それが情けない。

 

 

お金を頂くって

その方を稼がせる様にするってのは当たり前。

お金を支払って頂く方に

支払った分を何倍にして回収して頂くもの。

 

投資とリターンを学んでもらう為のものなのです。

 

 

そもそも隠そうとされる方は

それ以上の情報を持っていないということ。

 

自分を磨こうともされていない。

 

情報にしろノウハウにしろ、

今あるものは全部吐き出し、

また新たな情報とノウハウを

仕入れることを拒否しているのと同じ。

 

ましてや自分が知っていることを

小出しにするとか、匂わせる?なんて

しょっぱさ満載なのです。

 

 

いくつになっても

自分が成長しようと思っていない人間が

人を稼がせることなんて出来やしない。

 

時代は刻々と変化しているのに、

その時代、時間ですら意識していないのですから

当然のことなのです。

 

 

日々アップデートが基本なのです。

 

 

だからケチケチしている人を

私は受け付けない!

 

こんな人から学んでも大して稼ぐことも出来ないし

話をしていても面白くもない。

 

大体が先生が稼いでいる額の3分の1まで

良くて半分。

 

そう考えれば

ケチケチしている人から学んでも大したことはない。

 

そんな方との時間を費やすよりも、

同じノウハウでも他の方から学んだ方が

余程いいと思うのです。

 

 

そもそもケチケチしている人って

人を見ていないのです。

 

人のことも信じていない、

信頼もしていないコミュ障の方が多い。

 

 

稼ぐ、稼げないも、

ノウハウだけ、情報だけじゃないはずです。

 

それよりも大きなことが

あるじゃないですか!

 

なのに、たった数パーセントの要因となる

ノウハウや情報を隠そうとしても

高が知れている。

 

と いうことに気づいて欲しい。

 

 

それよりも周りの人、

自分の読者様、生徒さんが

自分のことをどう考えているのか。

 

どう見ているのか。

 

客観視、俯瞰で見ることの方が

重要ではないですか?

 

ケチケチしている

自分は成長しない、

 

そんな自分を見てもらいたいですか?

 

 

例えば生徒さんだけに

わかってもらえればいい。

 

そう思っている方も多い様ですが、

それは、あなたの価値観。

 

 

生徒さんだって社会の中で

生活をしています。

 

ですから生徒さん以外の方が

あなたのことをどう考えるのかって

生徒さんにとっては需要なことなのです。

 

 

ほら小学生、中学生の時だって

自分のクラスの生徒さん“だけ”に

好かれている先生っていなかったでしょ?

 

好かれる先生は

自分のクラスでも

他のクラスの生徒さんからも好かれていたでしょ。

 

逆に嫌われる先生は自分のクラスでも

一見関わりがない他のクラスの生徒さんからも嫌われる。

 

 

誰でも嫌われる先生からよりも

他の方からも羨ましがられる先生に

教えてもらいたいと思いませんでしたか?

 

 

人のことを見ていないから

人が求めようとすることも知らないのです。

 

 

小玉さんの21個のマインドセットの中にも

『共感させられないのであればビジネスはやめろ!』

とありますよね。

 

それで共感されますか?

 

 

倹約家、節約家であれば

共感は生みますが、

ケチケチしている人からは共感は生まれません。

 

 

そんな「しょぱい」ことをしている段階で

情報弱者。情弱。

 

 

“匂わせる”なんて

姑息な手段を使わなくても、

人は人の行動を見ています。

 

行動で判断します。

 

だから自ら律した行動をすれば

人から共感が生まれます。

 

憧れも生まれます。

 

 

隠そうとするのは

ケチケチしている、

自分は成長しない、

そう宣言しているのと同じ。

 

アップデートを拒否している様な人から

誰も学びたくもありません。

 

ドーンと構えて

男らしく参りましょうよ!!!!

 

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

今月もUSM-WORKSHOP NEXTを

行います。

 

但し日程はまだ未定。

 

近日中にはお伝えします。

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。