woman in gray long sleeve shirt holding black bottle

勝てば官軍!

勝てば官軍!

 

別に卑怯な手を使って勝ったわけでもなく、

勝った方が正義という意味で話を進めたいわけではない。

 

単純に稼いでしまうと

人の目は変わる!

 

そう感じたって話なのです。

 

 

ことの発端は、

私がCTC内で音声コンテンツを投稿したから。

 

その中でMさんとSさんの話をしたのです。

 

 

そもそも、このMさんも

最高月収1000万以上あるし、

Sさんも800万以上ある。

 

それぞれがamazonやメルカリでの

転売ビジネスをしていたり、

アフィリのビジネスをしていたり、

スクールの主催も2~3期はやっていたはずなのです。

 

つまり突き抜けた過去の実績がある2名。

 

そんな2名のそれぞれを見ていると、

最初の初心者の頃は基本に忠実。

 

ただ実績が出始めると

その基本やノウハウだけではなく、

自分で“やり方”や“ノウハウ”を確立していること。

 

教材以上言われたこと以上を

行なうのです。

 

ただ基本は外さない。

 

 

そして、決して思い付きだけでも、

「だろう」をしているわけでもなく、

裏付けも検証も行いながら

実践する癖がついている。

 

この30代の二人から

学ぶべきことは多いはず。

 

そんな話をしたのです。

 

 

MさんはCTC内で

ツール嫌いの私を納得させる

「revive」というツールを開発し

販売もさせてもらった。

 

Sさんは

今年に入ってからもキャンペーンも2つぐらい

行っている。

 

現在もレベチな2人なのです。

 

 

ただこの2人は潜水艦の様に

潜ったまま静か~に行うから、

時折浮上させないと人の目に付かない。

 

だから取り上げたのです。

 

 

ところが音声を聞いた方々が、

口々に

「最初から違った」とか

「凄いと思ってた」

なんて投稿があったのです。

 

これに、天邪鬼な私は反論。

 

うそつけ~と言いたいのです。

 

 

なぜなら彼ら2人が参加したのは

去年の秋。

 

そこから満足に稼ぎ始めたのは

今年に入ってから。

 

それまでの間は

日報を必ず投稿はしていたのですが、

初心者丸出し!だったはずなのです。

 

Mさんなんて

「仕入れられる商品がわからない」とか

「B,CランクはJUNKでしょ?」とか

 

「それ大丈夫だから・・」と言っても

ビビッて仕入れられない。

 

「実際に店舗に行ってみて」といっても

最初の頃はなかなか進まなかった。

 

たぶんamazonの国内転売をしていた経験と

比べたのでしょう。

 

なにしろ大手家電量販店での仕入れリサーチは

一般のお客様に交じって行うのが常。

 

中古カメラ屋さんでは

店内全員がカメラ転売ヤーということだってあるぐらい。

 

店員さんの目を盗んでやっていたことが

カメラ転売の場合は堂々と店内でもリサーチが出来る。

 

そんな雰囲気にも

圧倒されたのかもしれません。

 

だから

2週間ほどしてから店舗に行って

やっと実感されたのです。

 

その時の投稿の一部

~~~ここから~~~

「ネジ腐食アリ」と但し書きがあった商品のその部分を見せてもらったのですが
白くなっているだけでしたw
それでBランクか・・・という感じ。

「キタムラのお客さんが商品に求める状態判定とヤフオクのお客さんが商品に求める状態判定では
後者の方が緩い。キタムラはクレーム等入ったらすぐSNSで拡散されるためかなり厳しい判定をしている」
このことがよーくわかりました

~~~ここまで~~~

 

カメラも売ったことはあっても新品が多く、

中古の商品を扱ったことがなかったらしい。

 

だから過剰に悪い所をアピールしている

中古商品に「仕入れられない」と思ってただけ。

 

ただ、やっていることは

初心者の方と同じ道を歩んでいたのです。

 

 

その後も

「資金がない」って悩んだり。

「売れない」って相談があったり。

 

グルコン時にも

「ツールを使った転売ビジネスじゃない」とか

「新品の商品と中古の商品は視点が違う。

見る所も売れ方もポイントも違う」って言いまくった。

 

だから始めた当初なんて

突き抜けた実績がある雰囲気は全くない。

 

むしろ一般の初心者の方よりも

もっと前の状態。

 

マイナスな面がいっぱいあったはずなのです。

 

 

それが年末になって

やっと10万を超えて・・・

 

 

確かに、そこから今年に入っては

破竹の勢い。

 

波はあっても着眼点は鋭いし、

「revive」ツールの説明時は、

ツールの説明よりも、

稼ぐまでの話やツール開発の視点に

感動をしたぐらいなのです。

 

だから皆の印象は、

ツールの説明会以後の話。

 

それまで、というか

初心者の頃なんて

パッとしていなかったはずなのです。

 

 

だけど人の記憶も面白いもので、

稼いだ人に関しては、

「最初から違った」なんて話題が出て来る。

 

私からすれば、

「違うだろ。最初はひどかった。」だろ!

と言いたくなるのです。笑

 

 

ちなみに彼とは

2015年からのお付き合いで、

その当時は最高月収も30万ぐらい。

 

静岡に住んでいて

バイクに乗って量販店に仕入れに行っていたらしい。

 

そこから100万超えて

200万超えて。

 

一緒に表彰されもしたし、

毎月の様に朝まで呑んでいたのです。

 

それが縁あって

去年からCTCに参加され、

今は無くてはならない存在。

 

だから最初の時は

誰よりも厳しかったと思うし、

 

最初から

「変な癖がついているはずだから

2~3ヶ月は稼げないぞ!」って言っていた。

 

でも、ちょっと稼ぎ方や

コツ、ポイントを掴み始めると

ヤバいぐらいドンドン伸ばす。

 

波はあるけど、

少ない資金で稼ぎ上げたのです。

 

その稼いだところをダケを見て

「最初から凄かった」と言われても、

「最初はこっちが苦労した。」と言いたいのです。笑

 

 

だけど、「勝てば官軍!」

稼いでしまうと人の記憶も目も変わる。

 

稼いでいなかった頃や

失敗談なんて酒のツマミに変わるだけ。

 

 

確かに過去CTCに参加された方でも

本当にすごい人はいました。

 

だけど、彼ら2人の場合は違うはず。

 

ほぼフツーの人と変わらない。

というより、

フツーの人の方が良かったぐらい。

 

ただ、そこからの伸ばし具合は、

オジサンは見習うべきだと思います。

 

最初から出来るヤツ、

凄いヤツなんて

そうそういませんからね。

 

一緒に頑張りましょう!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。