最初は2時間以上→それが平均15分。

 

LINEでの友達募集中です。

お気軽にご登録ください!
友だち追加数

 

昨夜のCTCグループコンサルでの話。

 

例年、お正月の期間中は

思う様に動かないことが多いのが、

カメラ転売。

 

ただ今年はコンスタントに売れている模様で、

2020年もいいスタートを切った方が多く見えた。

 

この辺りは嬉しい誤算とでも

言うべき所なのでしょうが、

それでもやっぱり12月にどれだけ努力したのかで

大きく成果は変わって来ている。

 

最近特に思うのは、

やっぱり神様はいるようで、

しっかり努力した方には幸運が舞い降りている。

 

特に嬉しかったのは、

博多のSAKAKIさん。

年齢は不明なのですが、

昭和の30年代生まれの方。

 

もうお付き合いさせて頂いているのは

2年になる方なのですが、

直接取引の成立により、

1撃で9万円強!の利益。

 

利益率としては35%以上。

 

いや~嬉しかった。

どうやらかなり信頼されているようで、

かなりのマニアの方と繋がれたらしい。

 

それでレンズを9本も“追加”で買取ったとのこと。

これもかなりいい条件で買取が出来たようで、

これからが楽しみなのです。

 

本当にコツコツされていて、

時には厳しいお話もさせて頂きましたが、

やっぱり大きな成果がこうやって舞い込んでくると

嬉しくてたまらないです。

 

本当に良かった。

 

お仕事もかなり時間的に

かなり変則的なお仕事をされている様で、

決めた時間に取り組むことが出来ない方。

 

だから自分でスキマ時間を作っては

取り組まれていたのが嬉しいのです。

 

本業を抱えながらも

こういった稼ぎ方ってのも“アリ”なんだと

今更ながら実感できるのです。

 

本当にこういったSAKAKIさんみたいな方が見えると

勇気が湧いてきますよね。

 

勇気と言えば・・・。

 

 

これグルコンが終わって

自分の中で反省や振り返りを行うのですが、

ちょっと感じることがあって、

少しお話をさせて頂きたい。

 

具体的にあった話ではなくて

あくまでも「感じるところ」なのですが・・・。

 

最近、自分の『力』とか『可能性』を

信じていない方が見える。

 

自分には無理だ!とか

自分にはまだ早い!とか

 

なんとなく自分の可能性を信じていない人も

増えているんじゃないかと思うのです。

 

しかも、やる前から

自分の力はこんなもんだ!と思っている様。

 

本当は、もっともっとやれるのに、

無理して「やりたくない病」に

掛かっている様に

見えてしまうのです。

 

例えばカメラ転売での話。

 

初心者の一番のキモは

仕入れリサーチではなく

出品作業。

 

これに「カメラ転売」って

最初は時間が掛かるのです。

 

特にカメラも知らない方にとって

慣れないデジタル一眼レフカメラを使っての撮影作業、

そして出品ページの作成と

とかく時間が掛かる。

 

自分が思い出しても

最初の1品なんて2時間以上掛かって、

やっと1品の出品が出来たぐらい。

 

まぁこんなことで

本当に稼ぐことが出来るのかって

正直思った。

 

だけど、無理してでも

1日5品の出品を行って

それが3日間続けると

およそ1品20分ぐらいで

出品作業が出来る様になる。

 

慣れてくるとレンズの出品なんて

早ければ10分ぐらいで出来る様になるのです。

 

で、出来る様になると

「最初は、なんであんなに

時間が掛かっていたんだろう?」って

不思議に思うぐらい。

 

だけど、本当に最初の時なんて

「自分はドンくさいから出来る訳がない」って

思っていたのです。

 

それが今やプロカメラマンや

カメラ好きの方に撮影方法のコツを

教える立場になっているから不思議。

 

そう思うと

自分が出来ないと思っていても

いざやって見ると、

 

最初は苦しいけど出来る事って

多いと思うのです。

 

 

思い出せばスポーツを始めた時も同じ。

 

テニス部へ入って

最初は走らされたり腕立て伏せばかり。

ラケットを持たせてもらえたと思ったら

素振りだけの毎日。

 

やっとボールが打てる!

そう思ったら

今度はボールがラケットにまともに当たらない。

 

先輩たちの

ラリーをしている姿を見て

自分には無理だと思っていた。

 

だけど、いつの間にか

まともに打てるようになって、

ボレーとかスマッシュとかも覚えて、

試合にも出られるようになっていた。

 

そんな経験を持っている方って

多いはずなのです。

 

特に私の場合、

テニスが好きと言うわけでもなく、

柔道をしていたのに、

柔道はカッコ悪いと思っていたから。

 

テニスって言うと華やかで

いかにも爽やかなスポーツって感じで、

それだけの理由。

 

だから挫折ポイントなんて

腐るほどあったはずなのです。

 

だけど、とりあえず試合には

出られる様にはなっていた。

 

だから最初は無理だと思っていても

やってみれば出来る事って多いはずなのに、

最初からやらないって決めてしまう方が多くて・・・

 

その理由を聞くと、

「一度にたくさんの事は出来ない」とか

「今は、これに集中する」って言われるのです。

 

まぁ確かに集中するってのは大事です。

 

だけど、そういわれる方のほとんどが

パソコンの前に座っているだけで、

結局なにも作業が進んでいないってことも多い。

 

それなのに、

今は、コレに集中していると言われても

ピンと来ないのです。

 

そうそう、

私はカメラ転売を始めて

2ヶ月目でブログを始めました。

 

初月なんて10万円の利益と言いながらも

ココだけの話、

本当はネット以外で売った利益も入っている。

 

もっと本音を言えば

カメラ転売の仕入れ資金の為に

情報発信を始めたぐらい。

 

先程も話したように、

出品作業も時間が掛かり

当時は外注さんなんて発想もなく

ただ一人で全ての作業を完結していた時。

 

それでもカメラ転売をしながら

ブログを投稿し始めた。

 

当然、作業時間は少なくなるから

必死になって作業をしていた時。

 

それもカメラ転売で稼げるようになった理由の一つですし、

ブログの記事を投稿するためには、

何かをしなきゃネタもないわけで

それでいろんな検証やテストもした。

 

自分で扱ったことがない商品にも

目を向けて

その結果報告をしたり。

 

確かに寝る時間を削っていたわけだから

苦しい思いもしましたが

結果的には大きな成果が得られた。

 

それもブログ記事を上げる為に頑張ったのが

カメラ転売での実績にもつながったのです。

 

でも始める時には、

サーバーを借りてブログの設定なんて

私にとっては手で雲をつかむような話だったし、

タイピングが遅い私は、

1記事投稿するのにも時間が掛かっていた。

 

作業も遅いし出来ると思っていなかっから、

他の方よりも早く始めたのが良かったダケなのです。

 

それでも最初の方の記事を読むと

なんだか偉そうな投稿がしてありますけどね。

 

だけど、自分では無理じゃないかと思っていても

やって見ればなんだか出来る事もあって、

その一つひとつの成功体験で

今の自分が出来ていると思うのです。

 

それを最初から

「自分には無理だから」と

“やらない”選択していたら

とても今の自分にはなっていないはず。

 

こんなオッサンの私ですら

そうなのです。

 

だから、もっと自分の可能性を信じて

やって見ればいいと思った次第。

 

出来ないと思っていた事も

やって見れば意外に出来る事も多いし、

自分の可能性も信じられるはずなのです。

 

1品の出品作業に2時間以上、

それが知らぬ間に20分になり

15分が平均になり、

時には10分で出品作業も出来る様になる。

 

これ本当の話ですし、

カメラ転売を行っている全ての方が

経験している事。

 

その経験された全ての方が

最初は、

「本当に15分で出来るの?」って

思っていたはず。

 

だから、

やってみれば出来る様になることは多いはずなのです。

 

 

もっともっと自分に負荷を掛けて

もっともっと挑戦を行えば、

もっともっと自分の可能性は広がりますし

それが自信にも繋がる!

 

やらない選択は

モッタイナイな~って

思ってしまいます。

 

是非、チャレンジ精神を忘れずに!

 

『やっちゃえ精神』を持ち続けましょう。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。