的を絞れ!

9月のデータを見てみると

前半戦が勝負どころ。

 

お客様も前半に商品を購入、

後半の連休に持ち出すのではないかと

今年“も”、予想しております。

 

 

この流れを見てみると

前半にはデジタル系をメインとし、

後半では安定のフィルム系が売れるはず。

 

ですから今週はデジタルを狙い、

来週の週末にはフィルム系を狙うのが

効率がいい。

 

売れている時に

売れている商品を狙えば

当然、競争は激しく、

人が狙っていない時に商品を仕入れると

早く、効率よく動かすことが出来るのです。

 

参考にしてください。

 

 

ということで、

この転売ビジネスを行っている方は

利益を求めているはずですよね?

 

出来れば先月よりも今月、

今月よりも来月、

利益の額を増やしたいはず。

 

その利益額を伸ばすための話。

 

今日は数字が嫌いな方は

苦手な話です。

 

 

まず、利益額を表す時は

売上×利益率=利益額

となります。

 

つまり、利益額を伸ばそうと思ったら

売上を伸ばすか、

利益率を上げるのか、

ここにポイントが絞られます。

 

その売上を伸ばすには、

転売ビジネスの場合、

平均単価を上げるか、

販売件数を増やすのか、

ここに絞られて来ます。

 

 

一方、利益額を増やすには

もう一つの式が存在します。

 

それは、

平均単品益×販売件数

 

これで月間の利益額が求められるのです。

 

ということは、

・販売件数

・平均単価

・平均単品益

 

この数字を変えることによって

最終的に利益の額は変わるのです。

 

この3つの数字のうち、

基本的に2つの数字を変えることを意識する。

 

これがポイントなのです。

 

でなければ、

他の数字を落としてしまえば

利益が上がることはないのです。

 

 

例えば、販売件数を増やしたとしても

平均単価が下がり、平均単品益も下がってしまえば、

利益の額が上がることは少ない。

 

平均単価を上げたとしても

販売件数が下がれば売上も上がらず、

平均単品益も下がれば、

当然、利益の額を落としてしまいます。

 

ですから基本的に意識するのは

3つのうち2つ。

 

 

ただ、頭の中に

「2兎を追う者は~」と考えてしまった方は

一つに絞り、その他2つの数字は

最低でもキープを考えるといいのです。

 

 

そこで問題となって来るのは、

どの数字を変えようとすればいいのか?

 

です。

 

 

むやみやたらと数字を変えようとすれば

無理な作業で、ほぼ脱落してしまいます。

 

そこで基準となる数字は、

平均単価、25000円。

平均単品益、5000円。

これで利益率は20%。

 

この数字を基準とされれば如何でしょうか?

 

というのも、この数字。

 

単純に掛け算割り算をしただけではなく、

多くの実績者が月収100万円を超え、、

2ヶ月目、3ヶ月目に辿り着く数字。

 

実績者の平均値と捉えて頂ければいいでしょう。

 

そして販売件数は50件以上。

 

これは売上だけの側面からだけではなく、

作業面その他からでもこの数字。50件。

 

50件が販売出来るようになれば、

まず、作業は早く効率良く出来る様になります。

 

そして、評価も順調に増えるはず。

 

なにより、50件以下では

売るテクニックを必要とし、

50件以上では

仕入れが出来ない方も見える。

 

単純な話、

出品数が10品あって

月間の販売件数10件は、なかなか難しい。

 

売るにはテクニックが相当必要、

もしくは損切、赤字販売が多発傾向。

 

出品数50品で

月間の販売件数50件は、

それほど無理しなくても出来るのです。

 

これは人の購買行動によるところ。

 

出品数が少なければ

信用度も低いし、

お客様からすれば

比較・検討する商品もない。

 

だから少ない出品数で売るには、

かなりのテクニックが必要となるのです。

 

なにより10品だけ売ろうというのは、

逆に難しいのですよ。笑

 

 

後は、自分の問題点、

課題を抽出し、

狙いを定める。

 

そして攻略!

 

 

そうそう、この際だから

お伝えします。

 

「狙いを定めたら

仕入れなんて出来ない。」と

言われる方がいますが、

アレ、ほとんどの方はやってもいないで発言されます。

 

もしくは、それだけ狙いをされているか

どちらか。

 

そんなに都合よく

自分が狙った商品が目の前に現れないハズ

 

という論法をされる。

 

基本的には、通常の仕入れリサーチをしながら

頭の片隅にでも意識するだけでいいのです。

 

上記の数字は、間違いなく稼いでいる方が

出されている数字です。

 

ということは

少なくとも市場にそんな商品が多いのです。

 

ただ、ご自身の事情で、

それを変えてしまわれているだけ。

 

単価が高い商品は怖いから

見るのを止めよう。

とか、

自分が知らない商品は

商品チェックが出来ない。と

 

逆に選り好みされている結果。

 

だから、数値に異常が出てしまうのです。

 

 

ですから意識をするだけでも

普段、見向きもしなかった商品を

見る様になるってこと。

 

素直になって

やって見ると

意外に出来るものです!

 

数字は単なる結果だけではなく、

意外に自分の思い込みから

異常値になることが多い。

 

数値から

ご自身の課題を抽出されるのも、

実は最短で稼げるようになる秘訣です。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

【追伸】

 

今月もWORKSHOP開催します。

 

現在の予定では

9/19~9/25までの1週間!

 

平日は夜の22時から

日曜日は19時から講義を行います。

 

ご興味ある方は

スケジュールの調整をお願いします。

 

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。