答え合わせ!とフツーが一番!

さぁ8月。

 

7/8の投稿で、

7/7までの累計利益を23%で割ってください。

それが7月の利益予想です。

 

とお伝えしましたが、

実際に7月の利益はいかがだったでしょうか?

 

十万円台の方は

誤差+-5万を見て頂き、

百万円台の方は

誤差10万円を見て頂きたいと投稿をさせて頂きました。

 

実際に予想を大きく上回っているのであれば、

それは頑張った証拠ですし、

逆に下回ってしまった方は、

頑張りが足りなかったかな?

 

 

この予想は昨年の7月実績から

曜日合わせを行い、

現状のペースで行けば〇〇万円になると予想しています。

 

しかも、この数字は

一人ではなく8名ぐらいの方から

平均値をピックアップしたもの。

 

ですから、流れ的には

ほぼ掴んでいるはずなのです。

 

ただ、中旬より

急激に出品数を増やしたH山さんや

なんと先週だけで150品以上を固めて出品した

古屋さん等々はこの予想に当てはまらない。

 

予想を上回る実績なのです。

 

 

特にH山さんの場合、

旧アカウントが使えなくなり、

6月から急遽新アカウントを開設。

 

6月は50万程だったのも

7月には75万円以上に戻された。

 

このペースで行けば、

平均80万の利益だったのも、

8月もしくは9月に

新規アカウントでも桁を変えると思われる。

 

まぁ彼にとっては

順当な伸びでしょう。

 

 

で、今回は

そんな順当な伸びをしているH山さんの話。

 

 

これCTC内でも良く伝えるのです。

 

「迷ったら、困ったら、

H山さんの真似をしろ!」

 

「初心者の方が真似をするのであれば

H山さん。」

 

なぜなら・・・・・

 

マジ、フツーなのです。

 

 

笑いを求める彼ですから、

「フツーと言わないで!」と

毎回言われるのですが、

このフツーが凄い。

 

実際に7月度も100品以上の販売件数で、

月間商品回転率も1.1~1.3回転のはず。

 

メンバーの中では決して高くはない。

 

しかも利益率は23.0%。

 

これもメンバーの中ではフツー。

 

しかもヤフオクは新規アカウントですから

それほど評価もなく、200もないはず。

 

そして販売ルートは

ヤフオク:メルカリが

6:4の比率のはず。

 

一般的なのです。

 

 

少し利益率が高かったとしても

取り立てて高いわけでもない。

 

全ての数字が極々フツーなのです。

 

 

例えば、我々のアカウントの評価も

ほぼ1000~3000の間。

 

この評価数に関しては、

初心者の方にとっては

山の標高と同じ。

 

初心者の方にとっては

高い山の様に思えるはずなのです。

 

だけど、200ぐらいであれば、

山もそれほど高くはない。

 

だから真似がしやすいし

再現性も高いはずなのです。

 

 

しかも商品回転率も

決して落とさない。

 

バカスカ売れるってことも無いのですが、

出品数が増えれば増えた分だけ売れ、

減っても相応に売れていく。

 

波がありそうでない。

 

極々フツーなのです。

 

 

これってメチャクチャ重要で、

このフツーって出来そうで出来ない。

 

どこかの数字に異常に高かったり

低かったりは良くありますが、

全ての数字が極フツーって

ありそうでないのです。

 

良くあるのが出品数。

 

出品数だけを増やしても

最初は売れたように見える。

 

でも増やした分だけ売れたのかと言えばそうじゃなく、

売れたと感じるのは

今までよりも売れたというだけ。

 

だから実際には売れていないようになって

回転率が落ちたりするのです。

 

だけど彼の場合は違う。

 

増やせば増やした分だけ売れる。

 

利益率も変わることなく、

単純に出品数と販売件数に変化があるだけ。

 

だから、数字の予想もつきやすく、

仕入れの数がそのまま売上に連動するのです。

 

 

こんな状況がなぜ生まれているのかと言えば、

やるべきことを確実に行うから!

 

商品の見極めから始まって

商品管理、売れる仕掛け等々

どれもすべて行っているのです。

 

意外に、このすべてを行うことが

出来ているのもイイ。

 

昨日は出来たけど、

今日は出来なかったとか、

これはやったけど、

これはやらなかったということがないのです。

 

 

しかも売れた商品は日報にて仕入れ価格から販売金額

売れるまでの期間まで報告がある。

 

真似をしない手は無いのです。

 

ただ、真似をするにしても

中途半端な人が多い。

 

だから真似できない。

 

「H山さんは凄いから」

「H山さんは出来る人だから」と

決めつけ、

自分で真似が出来ることだけに絞ろうと

される方もいるのです。

 

 

そうなって来ると真似じゃない。

 

それはH山さんの真似じゃなく

あくまでも自分のやり方に拘っているだけ。

 

だから上手く行かない。

 

というか真似をしなかったことが

本当は実績を上げるポイントなのに、

それを勝手に止めてしまうのです。

 

考えても見てください。

 

真似をしようとされる方は、

少なくとも実績が伸びていない方。

 

伸びていない方は、

伸びない原因があるのです。

 

その原因の98%は

自分がやらないと選択したことにあるはず。

 

だから素直に真似をすればいいのですが、

「H山さんは凄いから」

「H山さんは出来る人だから」と

最初から頭にある人は真似が出来ないのです。

 

考えても見てください。

 

今なら評価数200もないのですよ。

 

だから真似がしやすいと言っているのに、

自分にはまだだからと考えていれば

あっという間に2ヶ月3ヶ月が過ぎる。

 

自分だけが2ヶ月3ヶ月過ぎればいいのですが

H山さんだって同じように過ぎるわけで、

その時には、もう500以上の評価となっていて、

それこそ、

「自分には真似が出来ない。」となるだけなのです。

 

真似をするにもタイミングがあるのに

そのタイミングすら見誤っているのです。

 

だから上手く行かない。

 

真似をするなら徹底的に!

 

フツーなのは今だけかもしれません。

 

チャンスを逃す方は、

上っ面だけしか物事を見ていませんからね。

 

ご参考に!

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。