「はい、わかりました」は聞いてねぇなコイツ

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

実は、7月ぐらいからヤフオクのIDを
一つ増やして、個人に持ってもらってのですよ。
結構頑張る人に!
もちろん、リサーチ出品発送を行ってもらって
IDはこちらで管理する形。
正直こちらは言われた通りしか、
行わなかったのですが、
晴れて売上が200万円突破の220万円。

その他、過去から使っているIDは350万円。
あとは、いろんなテストを行っているIDが少々。
ま、売り上げベースですけどね。

9月は私自身はあまり手を出すことはしなかったのですが、
それでも頑張ってくれました。

聞くところによると、仕入れがしやすかったらしいのです。
商品が結構出回っていたとの事。

ただ、笑えてしまうのが、
私が8月に売れない商品と、長期在庫の商品を
売り捌いてしまったのですが、
また、同じ商品を仕入れているのですよ(汗)

もう、売れないと判断した商品が
「仕入がしやすかった」と言って
仕入れている。

まぁ売れたので結果オーライだったのですが、
8月に売り捌くときも、横にいて見ているわけで、
「この商品、あまり仕入れないで」
と言った事に対し、
「はい、わかりました」
と言っていたのですよ。

それで、その話をすると、
「そうですね、聞いていました」
と言ってくるのです。

本人は
「売れたからいいでしょ」
という感じなのです。
ええ、もちろん売れました。
僅かな利益と共に・・・・。

もちろん、仕入れる時のお金はこちら持ち。
それで、
「もし、これ自分のお金だったら仕入れる?」
と聞くと、
「う~」
答えに詰まるのです。

結構仕入れに自信があるらしく、
他の商品は、「コレコレこうやって仕入れました~」
なんて言ってくるのにです。

それから、もう一つ。

ドライバーにはそれぞれ車を貸出し、
同じセンターで別々のエリアを配達したりしています。
そこで起きたのですよ、
実はAが担当するエリアに
Bが担当するエリアのお客様の荷物が
混じってしまっていたらしいのです。

どうやら宛先の住所を間違えて記入してあったらしく、
配達しようとしても、その場所が見つからない。
荷物は時間指定で、ドライバーも慌ててセンターに連絡。
センター側からお客様に遅れる旨を伝えたらしいのです。

そこまでは良かった。

しかし、センターからの指示は、
「ドライバーどうし連絡をして
荷物と伝票の受け渡しを行って〇〇時までに配達して下さい。」
との事、もちろんAと言うドライバーは
「はい、わかりました」
と言って、センターに荷物を置きに来て
そのまま配達に行ってしまったのです。

数時間後、
センターに不審な荷物(笑)があるとして、
担当者が調べると、先ほどの荷物と判明。

そこでAに連絡をすると、
「あっ・・・・・・・。」
どうやら連絡をしていなかったらしいのです。

センターに戻る途中に連絡しようとしたらしいのですが、
他のお客様から連絡があって連絡できず、
センターから出る時に連絡しようとしたら
忘れてしまったとの事。

そこで私が、
「センターから連絡があって、なぜ直ぐに連絡しないの?」
と聞くと、
「申し訳ございません。」
「次からは、連絡を貰ったら、すぐに相手に伝えて!」
と言うと、
「はい、わかりました。」
と言う。

コイツ、言っているだけだなと思ってしまいました(笑)
それで、内容を復唱させたのですけどね。

たぶん、言えばいいと思っているのが上記の二人。
本当は人の話も聞いていないのかもしれません。

この辺りは、私とのコミュニケーション不足でしょうけども・・・。

ただ、ドライバーの彼は
センターから連絡を貰った時に、
センターに商品を戻して、連絡をしてなんて
話をしながら、他の事を考えていたのだと思うのですよ。
毎回センターからは同じパターンで指示があるわけだし、
こんな事は初めてではない訳だし・・・。

俗に言う『カラ返事!』

「はい、わかりました」
「承知いたしました。」
「かしこまりました。」

なんでもカンでも言えばいいってモノでもないのです。

これは、言う方も気を付けて貰わないといけませんし、
言われた方も、本当に聞いているのかを確認しないといけませんね。

これって人にものを教える時も一緒。

「教材も読みなさいよ」と言っても、
「はい、わかりました」
と言って、実際読んでいる方は
2割にも満たない。

だから、読んで実践するだけでも成果って
出るのに読まないのです。

簡単な事を言えば、
言われた事を素直に実践するだけで、
いいんですけどね。

なかなかわかってもらえない方が多いようです(泣)

さて仕入リサーチ勉強会も
追加募集させて頂いております。
お急ぎくださいね。

http://yamatocamera.com/wp/bennkyoukai

登録後はメールが
迷惑メールフォルダに入らない様に
設定しておいてください。

参加者には7つの特典をお渡しします。
参加者特典その①
ネットビジネス初心者が絶対に失敗しない教材活用法
参加者特典その②
半年間で儲かった商品ベスト10
参加者特典その③
トップセラーのタイムスケジュール大解剖
参加者特典その④
人として社会人として大切な事について
その1「素直さ」
参加者特典その⑤
人として社会人として大切な事について
その2「目標の高さ」
参加者特典その⑥
人として社会人として大切な事について
その3「コミュニケーション能力」
参加者特典その⑦
ヤフオクで最短で稼ぐための出品方法について

この7つの参加者特典もお付けしての
カメラ転売仕入リサーチ勉強会なのです。

http://yamatocamera.com/wp/bennkyoukai

今回は、ここまで
やまとでした。

 

 

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。