カメラ転売で確実に稼げる方法

LINEでの友達募集中です。
友だち追加数

こんにちは、やまとです。

 

 

車もなくなってスッキリしている私。

もちろんイヤミですけど・・・・。

 

まぁこんな事もありますよ。

さて本題。

 

確実に稼ぐためにはどうしたら良いのかです。

 

正直に言えば、オークファンやヤフオクでしっかりリサーチすれば

後は仕入れる商品を見つけるだけなのですよ。

しかし、なかなかコレが難しいらしい。

そこで今回は、第1弾としてWレンズセットについてお話しします。

ご存知でしょうかWレンズセット販売と言うモノを!

簡単に言えば、カメラを仕入れて、標準レンズと望遠レンスの2本をセットにして販売する方法です。

 

 

1、カメラを仕入れる

 

カメラと言っても沢山ありますので、一番効果的な話をして行きますね。

簡単なのは、エントリーモデルと言われるデジタル一眼レフカメラが一番良いです。

ニコンで言えば、

D5000,D5100,D5200,D5300,D3000,D3100,D3200,等々のモデルですね。

もちろんDの2桁台と言われるモデルや

発売当初はハイアマチュアクラスと言われる中級機、

D300やD7000D7100も対象にして良いでしょう。

また、Canonでいえば

EOSkiss Digitalのシリーズ。

X、X2,X3,X4X5,X6,X7その後継機やiが付くモデル。

Canonも同じように7Dの様なハイアマチュアクラスのモデルまでが対象となります。

 

その他、ミラーレス一眼のカメラでも同じようにレンズをセットにする販売方法があります。

 

2、標準レンズを仕入れる

標準レンズというものは、一般的には

18‐55mmのレンズ。標準ズームレンズが対象です。

他には28mmぐらいのレンズを持って来てもいいでしょう。

ただこの時に注意してほしいのは、カメラにレンズが装着が出来て、尚且つオートフォース(AF)が作動するのかです。

必ず確認してくださいね。

 

3、望遠レンズを仕入れる

200mmまで望遠に出来るレンズや時には300mmまでの望遠レンズもいいでしょう。

こちらも、カメラに装着できるのかを確認する事が大切です。

特にレンズメーカーのレンズ、シグマやタムロン、トキナのレンズを付ける時には

気を付けてください。

 

4、仕入れる時の注意

まずは価格です。

カメラ本体は、カメラ単体で出品する時よりもすこし高くても構いません。もちろん安い方が良いのですが、

それよりも仕入れやすさに拘ってください。しかし高くても相場まで。

これ以上高ければいくらレンズを付けたとしても利益が期待できなくなります。

レンズは2本で5000円ぐらいまでで仕入れます。

もちろん手数料や送料込みの価格です。これぐらいで仕入が出来れば高額利益も期待できます。

レンズの状態は商品にもよりますが、カメラによってレンズのAFが作動するしないがあります。

しっかりチェックを行い、作動しない場合はその旨を出品ページに記載します。

レンズ自体にAFモーターがあるのかをチェックし、

レンズ自体に問題が無く、カメラに問題が無くてもAFが作動しないものもありますが、

その旨も記載するのが良いでしょう。

 

私の場合は標準レンズはAFは必ず作動させ

望遠の場合はAFが作動しなくてもセットにする場合があります。

もちろん出品ページにはその旨を記載します。

 

なぜならば、Wレンズセットを購入される多くの方は初心者の方が多く

はじめてカメラを手にする方が多い様です。

そのはじめて手に取った方が写せない、動かないでは

2度とヤフオクからはカメラを買おうとは思いませんし、

もしかしたら、カメラを辞めてしまうかもしれません。

ですから、満足してもらえる様に必ず動作するものをセットにしております。

 

5、レンズキットとレンズセットの違い

 

こちらもよくある質問なのですが、キット(KIT)はメーカーがあらかじめレンズをセットして販売している物で

レンズセットというのは、カメラにこちらでレンズをセットにしたものです。

というのが暗黙のルールです。

 

6、期待できる効果

 

まずは、もし高く商品を仕入れてしまったとしても、それなりの価格で販売が出来ます。

何よりも高い価格での落札が予想でき、高額利益がもたらせられます。

ということは、仕入にもそれだけハードルが上がるわけではなく、

単体よりも仕入がしやすくなるのです。

もちろん、それによって販売個数も増やすことが出来ます。

 

7、予想されるリスク

 

まずは、セットにするまでに時間が掛かる時があります。

例えば、カメラを仕入れた後に、レンズを2本仕入れるわけで、合計3つの商品を仕入れなければなりません。

ともすると、セットにするまで折角仕入れた商品を出品する事が出来ない時もあります。

この時間が問題になります。

 

また、この作業で初心者は利益が取りやすいのですが、

中級者以上、特に100万円を目指すには仕入れる商品個数が単純に3倍になりますので

仕入作業も3倍になってしまうという点です。

月収50万ぐらいであれば、なんなくこなす事が出来ますけどね。

 

 

特にお勧めなのが、全くの初心者が始めてカメラ転売に取り組むのであれば、

効果は絶大です。

短期間で10万円の利益は出るでしょうし、初月から20マン30万円も

視野にする事が出来ます。

 

もちろん、応用としてはレンズをばらして販売等も出来る様になります。

こうする事によって利益を増やす事も出来るのです。

 

カメラ転売の良さは、こうした販売方法が多彩な点でもあります。

是非お試しください。

 

今回は、ここまで

やまとでした。

↓ ↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ ↓

merumaga

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。