で、結局どっちがいいの?

稼いでいる人、稼いでいない人。

 

稼いでいる人は、

「誰から学んだ?」

「どんな内容、ノウハウ?」と

聞いてもスラスラ出て来る。

 

そして話が盛り上がる。

 

「おお、それいいね。」とか

「そうそう、あの人いいよね。」なんて

弾むのです。

 

 

一方稼いでいない人は、

同じことを聞いても口をつぐむ。

 

言っちゃ行けないと思っているのか、

恥ずかしいと思っているのか、

時には、

「忘れました。」なんて出て来る。

 

漏洩を気にしていたとしても、

「それメンターに失礼じゃない?」と

思うことも多々あるのです。

 

 

メンターになる人は

少なくとも情報発信をしているわけで、

自分の名前の前に肩書が来る。

 

その肩書は

〇〇の△△となるはずだからです。

 

それも伝えられないとなると・・・・。

 

簡単に説明ぐらいは出来る様にならないと

そりゃ学んでいる価値もありません。

 

 

さて、よく聞かれるのです。

「どちらがいいの?」

 

少し前までは、

「レンズとカメラ、どちらがいいの?」

最近よく聞くのは、

「デジタルとフィルム、どちらがいいの?」

 

今回は、この2つの問いに関して

お答えしていきます。

 

 

レンズとカメラ、どちらがいいの?

photo of DSLR camera

これは、幾度となく検証もしましたし、

マーケティングの観点から言ってもカメラ。

 

同じように(在庫、金額等々)出品をしていても

売れる速さは2倍から3倍違います。

 

レンズだけカメラだけを出品していても

2~3倍くらい売れる速さは違う。

 

単純にカメラが2台もしくは3台売れる間に

レンズは1本というぐらい。

 

 

これは実証済みです。

 

 

ただ、どちらが利益が取れるのかというと・・

結局、売れる分、カメラかな。

 

レンズは間違えて出品される方も多いし、

状態にバラツキが多い。

 

そんな状況。

 

 

そもそもレンズだけを欲しがる方はいません。

 

自分がカメラを持っていて、

それに合わせてレンズを選ぶ。

 

だから、これからカメラを始めようとする

初心者の方が

レンズだけを先に買うことはないのです。

 

このことから

市場のピラミッドから鑑みても、

お客様の数はカメラが多い。

 

 

確かに、カメラファンの中では

レンズ沼もあって、

カメラ1台に対しレンズを何本も持って

カメラを楽しむ。というのはあります。

 

ただ、そのような中、上級者は

市場全体から見れば少ない方。

 

カメラ・光学機器で見ても、

5~6割がカメラ。

3割程度がレンズ。

後は、周辺機器とが売れているとなるのです。

 

 

デジタルとフィルム、どちらがいいの?

person with two black DSLR cameras

去年までの2年間は圧倒的にフィルム。

今年の春以降デジタルが売れ始めています。

 

だから、最近はよく聞く質問です。

 

 

実際、数値的に見ても、

フィルムの方が売れています。

 

ただ、商売として考えれば、

フィルムは安定的で

デジタルは伸びがある。

 

圧倒的に早く売れる商品が多いのは

デジタル系のカメラ。

 

 

フィルム系はお客様の数は

それほど変化せず安定しているのです。

 

ですから年間通しても

安定的に売れる。

 

 

一方、デジタルに関して言えば、

お客様の数自体が増えたり減ったりする。

 

それに合わせて

売れる数も上下。

 

ですからフィルム系に関しては、

その時々の出品数に左右されることが多く、

デジタルに関してはお客様の数に

左右されることが多い。

 

もちろん新機種発売に応じて

買取機が市場に流れて来たり、

相場の変化があったりもするのがデジタル。

 

フィルムに関しては

新機種の発売は期待出来ませんからね。

 

安定的なコレクターの方や

上級者の方がフィルムカメラで楽しまれます。

 

ただ、数値的見れば

デジタル:フィルム=2:3ぐらいの割合。

 

これはラインナップも意識するといいでしょう。

 

まとめ

ということで、

レンズとカメラ、

デジタルとフィルム。

 

ビジネスを考えれば、

いずれも

どちらも出品していた方が安定します。

 

これは私も経験したことなのですが、

早く売れるからデジタルメインにしていた時に

一気にピタッと止まる時がありました。

 

その時の不安と言ったら・・・笑

 

 

その時からラインナップを考え

その時々で出品している商品の割合をイメージ。

 

人は不思議なもので

意識するだけで仕入れる商品って変わって来るのです。

 

 

どちらか一方、

これだけを出品するってのは

かなりリスクは高いです。

 

それで売上を安定させようと思ったら

物量押しになると考えてください。

 

効率よく売ろうと思ったら

ラインアップを考える。

 

コレ覚えておいてください。

 

今回は、ここまで

それでは、また!

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加

https://lin.ee/mj65dYZ

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。