“勝手に解釈”野郎は必ずいて・・・。

【今】しか出来ない事って

多いはずでして・・・。

 

 

私は自分で商品を仕入れようと

リサーチをしていた時期は、

ほぼ1年間ぐらい。

 

カメラ転売をはじめた時も

1年でほぼ1000以上の販売を自分だけで行いました。

 

その後はカメラ転売以外の

転売ビジネスに取り組むたびに、

まずは自分で行い、そして外注化を図る。

 

だから長くて3ヶ月。

それ以上は人の手を借りながら行っているのです。

 

実質、自分で仕入れるというより、

「人に教える為に・・・」といった感じ。

 

短期間で仕入れるポイントを

自分なりに抑えなければ

人に伝える事も出来ない。

 

そう思っているからこそ、

何をはじめるのも

必死で3ヶ月間は過ごすのです。

 

ただ、私の目的は、

『後で楽をする為に、今働く』

という感じ。

 

1年の中では3ヶ月は必死。

後は、のほほんと!

 

 

で、笑えるのは私の体。

 

肉の付き具合が、その時期と

見事にマッチングするのです。

 

しかも、どう考えても

緩んでいる期間が長い。

 

ちょうど、今が

のほほんとの期間で、

緩みっぱなしなのです。

 

 

で、この緩んでいる期間が長いと

失敗した事もツラかった事も

忘れてしまう様で・・・・

 

 

だいたい、この一番つらいのは

やってもやっても出来ない時。

 

自分の中で、

思うように行かない時は

どんな転売ビジネスを行うにしても

必ずあるわけ。

 

リサーチをしても

なかなか探せなかったり、

ebayでは

出品しても出品しても

全く売れなかったり・・・・。

 

そんな経験は

やっぱりあるわけなのです。

 

そんな時に

私が行うのは自分なりの検証アタック。

 

勝手に名前を付けているのですが、

単純に確率論を考える。

 

いくつ調べると

いくつ仕入られるのか とか、

いくつ出品するといくつ売れるのか、

そんな検証をするってことなのです。

 

 

それで自分の中でわかったのは、

この検証結果って

意外に伝説的に

伝えられていること。

 

終わってみると、

「どこかで聞いたな~」って話なのです。

 

例えば、1日200件のリサーチ。

 

これって相場検索を1日200件行えば、

初心者でも5つぐらいは仕入が出来る。

 

そんな話。

 

で実際に仕入リサーチを行うと

やっぱり仕入れられる時は200ぐらいは

相場検索をしている。

 

 

でも最初に1日200件って

やっぱり大変で、

勝手に1日100件にしてしまう人もいる。

 

そうなると勝手な解釈で

2日で200件出来る。。。。

 

1日5個は無理だけど、

2日で5個は仕入が出来ると

考えるのです。

 

だけど、これで出来た人はいない。

 

1日200件を2日で200件に変えて

都合よく1日半分の成果を出せた人はいないのです。

 

だから1日200件のリサーチと言われて

2日で200件にしても

ほぼ仕入れられるのは0個。

 

1日200件を苦しんで行い、

3日以上行うから

5個ぐらいが毎日コンスタントに

仕入れられる様になるわけ。

 

これが出来た人と出来なかった人の

わかる話とわからない話。

 

 

これも

「自分が仕入れられるようになったなぁ」と

感じられるのがやっぱり200だったりする。

 

他の人に聞いても

やっぱり仕入が出来る人は

「やっぱり200ぐらいはやったよ」って

話になるのです。

 

 

そんな話をすると

“勝手に解釈”野郎は必ずいて・・・。

 

「相場検索を200行えばいいでしょ?」

と言い始める。

 

実際は自分でリサーチをして

仕入れられそうと目星をつけた商品で

『200の相場検索』なのですが、

そんなことはお構いなし。

 

「200って言うのだから」

「何でもいいでしょ」と

勝手に解釈をされるのです。

 

ホラ巷にあふれる

稼げない話をされる方のパターン。

 

最初から

「稼げない」と結論付けて

そこに答えを導き出したい方。

 

悲しくなるぐらい、

情けない話をされる方が

同じ解釈方法なのです。

 

 

「稼ぎたい」から、「利益を出したい」から、

リサーチをしているわけで、

 

「稼げませんでした。」という為に

仕入リサーチをしている訳ではないのです。

 

そこが大きな『差』!

 

 

ただ、出来ない人って

そういったネガティブな話に引き込まれていくわけで・・・、

 

そんな時は私もあるのですが、

結局、読んでいる時に

辻褄が合わない事が多いのです。

 

(そこを見つけるのも、

意外に楽しかったりする。)

 

稼げない方向に導きだそうとされる方は、

こんな方法だろうなと・・・・。

 

そして昨今のSNSで騒いでしまう方は

こんな感じなんだろうなと。

 

 

ただどんな転売ビジネスでも出来てしまえば、

意外に簡単だっと思えることも多く、

 

やっぱり私には3ヶ月間というスパン。

 

この3ヶ月間で30万稼げるのであれば、

私はカンタンだったと思うけど・・・。

 

 

ツラいのは辛いけど、

それ以降も30万以上が稼ぎ続けられるのであれば

3ヶ月間は死ぬ気になればいいだけ。

 

そして3ヶ月で実績が上がらない時、

(というか最初の1~2週間でわかるはず)

自分の“やり方”や“やる量”が足りないと思えば、

方向修正もスグ出来る。

 

ということで

ツラい時は出来るだけ短期間に!

 

楽をするのは長期間で!

 

そんなことを考えると

上手く行きます。

↓LINEの友達追加はこちら↓

友だち追加
 

↓ やまとのメルマガ、こちらをクリック ↓ 

#カメラ転売 #カメラリセールビジネス #物販 #転売 #カメラ転売 #カメラリセールビジネス #物販 #転売

カメラ転売の他、ネットビジネスで稼げる情報をお届けします。

 

 

今回は、ここまで

それでは、また!

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

■2014年夏

ネットビジネス、カメラ転売に取り組む。

初月10万円

■2015年春

カメラ転売で月収100万円を超える。

カメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を開講。

■2017年夏

ゴールデンルールセミナーに登壇

■2018年冬

最高月収1600万円を達成

 

<プロフィール>

学生時代にバブル期を経験。

卒業後一部上場企業に就職。

結婚を機に地方の中小企業に転職。

人財開発室室長、各種リストラ案件の立て直し、新規事業の立ち上げ等々各種プロジェクトを成功させる。

 

2014年からネットビジネス、カメラ転売に取り組み、現在はカメラ転売に特化したスクール『カメラ転売クラブ』を主宰。

 

4人の子供のオヤジとして、日々中高年に向けて強烈なメッセージを発信している。